コミュニティサイクル Suicle ( スイクル )とは?2013年11月20日

 11月から中央線武蔵境駅〜東小金井駅周辺でスイクルがサービス開始となった。スイクル(Suicle)は、JR東日本のSuicaで利用するレンタサイクルで、ポートと呼ばれる専用の拠点間での借り出し・返却が可能なシェアサイクルだ。尤も、現時点での拠点は3箇所であり「どこでも」感はない。

 利用プランは、定期・時間貸し・一日の3タイプ。定期(会員プラン1)は通勤・通学想定だ。当然自分の自転車を月極駐輪場に停めるより遥かに高いが、整備された傷害保険付きの自転車を借りるコストとしては適価なのかも知れない。但し1回の借り出し時間は最大120時間なので、5日以上家に置きっ放しにはできない。駅-学校間のレンタサイクルは隣駅でICUが試運用した事があると聞くが、農工大はそれ程遠くはない。一日(ビジタープラン)は近隣公園等へのアクセス対応だろうか。

 ちなみにスイクルのサイトでは傷害保険の事は殆ど触れられていない。利用規約の中に第二種TSマーク付帯保険が付いている旨が記載されるのみ。この保険の補償は、死亡時に賠償2000万/搭乗者100万であり、現在の相場から見るとかなり低い。尤もこの保険は適正整備のオマケ程度の物だから仕方ないが、それですら加入している人は少ない。しかしレンタル業として掛ける保険としてはどうなんだろう。

 自転車自体はパナソニック製の専用車で、アルミフレームの20"小径車。内装3段/小径チェーンリング/短ホイルベースという仕様から、平地を3kmも走れば一休みしたくなる程度の機動性だろう。つまり乗って楽しい類の自転車ではない。同じ小径車でも観光地のレンタサイクルに見掛けるルイガノMVなどとは全く別物。愉しさを求められない自転車だからこそインフラ向きとまで言うと皮肉か。そもそも東小金井は観光地ではないしな。

 保険だけは見直された方が良いと思うが、新たなインフラに期待したい。

保険に関しての追加記事
Suicleほか、レンタサイクル類の保険について ― 2015年02月15日

現時点では、東小金井駅ポートと駅を隔てる都道には、横断歩道も信号もなく、アクセスは不便というより危険。
ライムグリーンが眩しい専用車。

パンフレット。11月内は無料キャンペーン実施中。

小隊司令部発

←HTMLのアーカイブ版はこちら。ブログのコメントは、いつでもいつのにでも大歓迎。また、BBS「連絡所」もあるのでご利用を。

コメント

_ まつねこ ― 2013年11月20日 22時47分15秒

駅を起点にして小金井公園とか江戸たてもの園とかスタジオジブリを見に行くとかあとは桜の季節に玉川浄水を回るとかだとニーズがありそうですね!!あとは油そばや巡り〜〜!!!

_ 小隊長 ― 2013年11月21日 01時19分36秒

まあ、そうなんですよ。
JRがどれだけ覚悟を決めてサービス供給するかという。
でも、ま、定期使用が保険なんでして。
あんまり書いてもインサイダーにならん程度にしか知らないんですが。
とりあえずね亜大いいから珍々亭だし、法大よりは一平そばですね。

_ (未記入) ― 2015年02月11日 02時24分00秒

Suicleの自転車で人と接触しました。ぶつかった方は幸いにも軽傷でした。保険ですが対人に関しては、全くありません。しかも自転車の修理代を別途請求されました。(実際は、自分で修理するかどうかの確認の連絡はありましたが・・・。自分は幸いにも損害保険に入っていたので被害者の方に対してもそちらで補填できそうです)契約書の中身を改めて読んでみて、極端に要約するとゲートを出るとすべての責任は貴方にありますみたいな書き方でした。実体験として書き込みさせていただきました。勿論警察への事故連絡、現場検証、調書も終わっています。

_ 小隊長 ― 2015年02月11日 14時18分32秒

大変興味深い情報をありがとうございます。また私が本記事にて第二種TSマーク付帯保険について誤解される書き方をしていたようでしたら申し訳ありませんでした。

Suicleの「サービスご利用規約」<http://suicle.jp/dynamic/html/kiyaku.html>の11.と12.に事故と補償のことが書かれていますが、ここには肝心のTSマーク付帯保険について詳しい説明もリンクもないですね。

運営している(公)日本交通管理技術協会の約款<http://www.tmt.or.jp/safety/pdf/tsmark_yakkan.pdf>では、第二章で対人事故の補償について書かれていますが、今回のケースのどこが「保険金が支払われない場合」なのか、すみません私には分かりませんでした。

いずれにしても既契約の保険で充分な保証がされる様でなによりですし、それも(未記入)さんの適切な対処があったからこそだと思います。お疲れ様でした。

_ 小隊長 ― 2015年02月11日 14時43分22秒

追記
第二種TSマーク(通称 赤色マーク)の補償内容は昨年2014年10月に変更になってた。<http://www.tmt.or.jp/safety/index8.html>尤も、変更分はその10月以降にマークを貼付した自転車への適用だから、殆どのSuicleには適用されないだろうけど。
傷害補償(搭乗者)死亡・重度障害100万円、入院15日以上10万円
賠償責任補償(対人)死亡・重度障害5000万円(以前は2000万円)、入院15日以上10万円(以前はなし)
約款を読むと逆に分からなくなるけど(私だけか?)、この簡易な一覧を見る限りは、入院しない怪我は補償されないっていう事になるのか。

_ 小隊長 ― 2015年02月11日 18時01分56秒

>殆どのSuicleには適用されないだろうけど
自己レスです。運用中の自転車は去年11月に一斉点検しているため、基本的に新補償内容が適応される模様。確認しました。

_ 小隊長 ― 2015年02月15日 14時51分31秒

関連記事をアップしたのでリンク。
Suicleほか、レンタサイクル類の保険について 2015年02月15日
http://sendanrin.asablo.jp/blog/2015/02/15/7572973

_ (未記入) ― 2015年02月18日 02時44分39秒

小隊長様、ご返事ありがとうございます。
補償されるのは内容は、追記に記載されたものだったと思います。
(最悪の場合の補償内容です)
入院されない場合は、補償はないですのような言い方をされました。
少し追記すると、返却された自転車は常駐されている方が、都度チェックをしているそうです。
しかし、常駐されていない時間帯
(夜の19:00か20:00位までは常駐だったと思います)で
整備不良の自転車を再度使用する可能性はあります。
今回自分が乗車したものは、キチンと整列されていた場所から選択したのですが、まさかライトの向きがおかしいとは思いませんでした。
今更ですが、すぐ戻って他の自転車と交換すればと、後悔しています。
これから、Suicleを利用される方々は、サドルの高さ、ブレーキの効き具合、タイヤ圧、ライトの向き等を再度、ご自身で確認する事をお勧めいたします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムフィルタの質問です。当サイトのメインカラーは? 漢字1文字で入力して下さい。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sendanrin.asablo.jp/blog/2013/11/20/7063378/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。