「量産型」とは? HGTBサンダーボルト版量産型ザク2017年03月22日

 ガンプラの1/144量産型ザクⅡを買い集めるのは楽しい。一つのメーカーが同じモチーフを40年近くにも渡り何度も製品化していて、しかもそれが全て今も新品で手に入るというのは他にはない。組んでいると技術の発達や造型の流行などが見て取れる。そして大して高額ではない。 機動戦士ガンダム サンダーボルト MS-06 量産型ザク (2014年2月)1,800円
 量産型ザクはガンダムの宇宙世紀物に例外なく出て来るが、都度メカデザイナーは変わっているので、その点でもちょっとずつ異なる。あんなに違うFZ型ですら元々は単なるリデザインの設定だったとか(後に設定追加)。


RG(左)、F2(右)と。どれも量産型ザクⅡなんだけど、やはり大分違うな。



恒例の膝射は…ちょっと苦しい。仰け反ってるし傾いてる。
 ただ…これは「量産型」と言えるだろうか。本体の造型はFZよりもFぽいが、背負ってる装備が全然Fではない。MSVでバリエーション増やすのが主流だった時代なら明らかに別の型番なり呼称が付けられていただろう。だからか「量産型」を謳ってはいるがFとは付いていない。

 それでも1/144量産型ザクⅡとしては現状最新型なのだ。最新作「ジ・オリジン」ではまだS(シャア専用)とR(黒い三連星)しか出ていない。…取り敢えず作るか。

 結局F型のリビング・デッド師団の現地改修型という脳内設定にした。しかしデブリや放電だらけの特殊宙域とは言え、狙撃任務が主な彼らにこんな高機動でサブアーム付きの特殊装備が必要だろうか? そんな事を書くと太田垣康男ファンには石投げられそうだが。

 なので模型では標準型のバックパックに交換して、後方配備仕様とでもいう設定で組もう。

 ともあれ基本はパチ組みなので、バックパックを新設しただけ。予備やジャンクパーツは持ってないので、F2の物をおゆまる+ポリパテで複製した。他の量産型ザクⅡと並べた時に違和感が少ないことを旨とした。

 製品の気になる点としては妙に緩い部分がある事。モノアイはスカスカで傾けるだけで回るし、手首はF2共用のPC5というPE製パーツで保持されるが、ポロり易い。

 ともかく早くオリジン版出ないかな…。

他に見ない手首の多さ。右手のグリップ手首はマシンガン用とバズーカ用の2種。平手はない。

RG付属品(上)と比べると旧っぽくて太ましいザクマシンガン。


F2(右)との手首比較。同じパーツ構成なのに保持力が落ちてる?

複製したF2のランドセルを、適当なダボで填め込む算段中。あくまでもパチ組みで。

複製ランドセルで量産型を演出。可動の肩は他と異なり上面に突き出ている。

F2(左)との腰部比較。見た目程には可動範囲は変わらない。

読書 三浦しをん「舟を編む」光文社文庫

実は先にアニメを観ていた。当時は丁度ドラマ「校閲ガール」が流行っていた事もあり、ドラマでぶつからなくて良かったなぁとか思っていたが、文庫を読んで改めてそう思った。なにせしっとり地味な話だからなぁ。ただ困ったことに、文庫を読んでいた間「昭和元禄落語心中」を観ていたものだから、アニメ版キャラ原案の雲田はるこの漫画なのでイメージが被って、更に「仏果を得ず」とも混ざってしまった。文庫版のみ巻末に「馬締の恋文」全文が収録されており、これ多分執筆前に書かれていたんだろうなと思うが、三浦しをんって凄いなと思ってしまう。<そこかよ 表紙は通常版の上からアニメ版が巻かれていた。


小隊司令部発

←HTMLのアーカイブ版はこちら。ブログのコメントは、いつでもいつのにでも大歓迎。また、BBS「連絡所」もあるのでご利用を。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムフィルタの質問です。当サイトのメインカラーは? 漢字1文字で入力して下さい。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sendanrin.asablo.jp/blog/2017/03/22/8415768/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。