この秋、屋外での収穫2017年10月22日

谷中でナポリタン「E-YANAKA」

 ナポリタンの店を検索して掛かる酒場はよくあるが、そのためだけに日頃呑み慣れない酒を呑むというのは気が進まない。ところがふと立ち寄った店に実はナポリタンありという幸運があった。

 谷中よみせ通りの「E-YANAKA」は、随分と早い時間から呑める店である(代わりに閉まるのも早い)。休日昼から呑んでいる私にはピッタリなのである。

 雨上がりの店頭にわざわざテーブルを出して貰ったということもあり、いつもは頼まないつまみをとメニューを広げると、ナポリタンがあった。

 全くスタンダードなナポリタンで、全く過不足がない。意外な拾いものだった。他にハムカツも頼む。これも旨い。初めは近くの総菜屋の物ママかと思っていたが、店での揚げたてだそうだ。近隣の名物だけに手を抜けない。

 道行く人を眺めながら呑む。それがまた自ら情景となる心地良い通りである。尤もこの日は猫連れなので目立ってしまったが。

食べログ 千駄木、西日暮里、日暮里/立ち飲み居酒屋・バー 「E-YANAKA」


ナポリタン(500円) 過不足なし。猫も満足(食べません)。

ハムカツ(200円) これは取り分けた分で、1人前は2切に葉っぱ

店名はもちろんE-YAZAWAから。言うまでもなくBGMも。

汁なし二郎系の移動販売「おどるめん」


 八重洲にて、近隣で昼食を買っていたH嬢から「まぜ麺の持ち帰りがありますよ」というメールを受ける。

 大手町フィナンシャルビル横の日本橋川沿いは、昼時に移動販売の店で賑わう。いつの間にか「大手町川端フードガーデン」などと名前が付いていて、丸の内側(A地区)だけでなく内神田側(B地区)の両方に屋台村が出来ていた。昼時は当然混むので、避けて通る様にしていたのだった。

 ピークを少し過ぎた時間だったので、出来たばかりの当該のB地区は幸運にも空いていた。今は月曜A木曜Bの出店というこちらは、元気なお兄さんが一人で切り盛りしていた。「たべやすい二郎系」「究極のまぜそば」などのコピーがPOPに踊るだけでなく、店主自身の踊る動画が店頭で流れている。

 移動販売車の追い茹でなので、残念ながらアッツアツという程ではない。持ち帰り先に電子レンジがあるなら加熱を。特にブタは熱くないと。今後に益々期待。他にないしね。

大手町川端フードガーデン


カラーリングは黄地に黒ではないが(笑)。分かりやすいPOP類。

ミニ盛り(麺100g 500円)のパッケージはこんな。

麺はワシワシというよりちょいカタめ。タレはデフォでカラめ。

小隊司令部発

←HTMLのアーカイブ版はこちら。ブログのコメントは、いつでもいつのにでも大歓迎。また、BBS「連絡所」もあるのでご利用を。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムフィルタの質問です。当サイトのメインカラーは? 漢字1文字で入力して下さい。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sendanrin.asablo.jp/blog/2017/10/22/8710206/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。