コスメ屋で買う護身用拳銃 SPY-12018年04月22日


 初めてこのトイガンを見掛けたのはツイッターのTLで、フォロワーの人がスマホと重ねた写真をアップしたものだった。面白そうなトイガンだと思うと同時に既視感があった。ああ、あれだ。いつか見たあの銃だ。

 Ideal Conceal社のCellphone Pistolという銃。クラウドファンディングで話題になった折り畳み式の2連発銃。調べたら既に販売されているらしい。サイズと偽装具合だけを見れば、大昔にも、財布にしか見えないホルスターに入ったデリンジャーや、サングラスケースの様なプレッシンなどがあった。しかしスマホが変形して銃になるというのが現代的だし、今は内蔵レーザーポインターがあったりしてサイティングの不安もない。

 あの銃をモチーフにした事自体より驚いたのは、トイガン製品化のその速さ。実銃が'16年に発表されて'17年発売となったのだが、この製品自体も'17年の発売らしい。原型とかよくそんなにスピーディーにと思う。比べて日本メーカーのフットワークはそれに及ばない。

 ちなみに発射機構自体は東京マルイの銀ダンエアガンの模倣で、銀玉でっぽう風アクションでもってエアでBB弾を飛ばす。そこ模倣かよとは思うが、勿論そのままでこの銃が出来る訳でもない。細部に不満が無いではないが、製品の価格帯を考えれば充分な出来の製品と思う。

 ところで現状このSPY-1は、amazonで韓国の特定業者から買うしかない。例によって事情通タグチ氏によれば、日本に輸入しようとした業者が、販売しようにも倍付け近い価格になってしまうため断念したという経緯があるとか。ちなみにその韓国の業者はコスメ専門店。発送は追跡付き風ながら追跡が効かずにやきもきするが、一応予定通り6日間で到着した(結果を保証するものではありません)。

 ネットで見ると、黒とグレーだけでなくカラフルなラインナップとなっているらしいが…ま、黒だけで良いかな。

ToyStar SPY-1(購入価格1,900円) 元はスパイ用じゃなくて護身用なんだが。


オフィスの机上にあっても自然。


モチーフとなったIdeal Conceal社製Cellphone Pistol
https://www.idealconceal.com/


側面の妙なディティールは、自重落下のため内側を漏斗状にしたのが外側に反映されたものと知る。ちなみに“オリジナル”の中身はこちら

読書 村上春樹「色彩を持たない多崎つくると、巡礼の年」文春文庫

久し振りに読んだ村上春樹。暫く大長編ばかりだったし、一時期のエキセントリックな設定が鼻について離れていた。本作も周りの話だけでは読まなくて良いかなと思っていたが、手に取りやすいサイズだったので。相変わらず勃起だの射精だのと言っているが(苦笑)、村上春樹の文体を味わうには丁度良い本だった。


小隊司令部発

←HTMLのアーカイブ版はこちら。ブログのコメントは、いつでもいつのにでも大歓迎。また、BBS「連絡所」もあるのでご利用を。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムフィルタの質問です。当サイトのメインカラーは? 漢字1文字で入力して下さい。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sendanrin.asablo.jp/blog/2018/04/22/8831066/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。