冷やし中華で新天地ランチを(その2) 千代田通り辺り2018年08月12日

 この季節ならではの冷やし中華で店巡り。というのも事務所を移転したばかりでランチの店の再開発を要するから(笑)。冷やし担々麺や冷やしラーメンの類は除外し、胡麻ダレすら無視して、敢えてストレートに醤油味の甘酸っぱい古典的冷やし中華を探した。

美食居酒屋 中華料理 福園
 さて2軒目は、千代田通り沿いをうろうろして発見した。中華居酒屋風の店でランチに冷やし中華の表示があった。おそらくはおざなりな典型的冷やし中華なのだろうと適当に予想をしていた。

 ところが、注文すると何か違う物が出て来た。これは…冷麺じゃないのか? 透明度の高いスープは、しかしちょっと違うけど確かに甘酸っぱい醤油味の冷や中の味。麺も中華麺。何にしてもハムもりもりだし、エビぷりぷりだし、良いんじゃないか。ただ、キムチは余計かな。これのせいで冷麺ぽくなってしまう。先にさっさと食べてしまった。でも小皿と杏仁が付いてこれで込880円(画像のビールは別です…)なら好バランスじゃないのだろうかこれ。

 店員さんは皆中国人と思しきお姉様方。でも応対も日本語もそこそこ良い。しかし1時過ぎの入店で3割程度の入り。もっと入っても良いのにと思ったが、なんと新店でもなさそうなのに今まで食べログに記事がなくて驚いた。

夏のランチメニュー。定食が安い。

冷し中華880円。一見、冷麺に見えるが、食べると冷やし中華。
 
本格中華 萬楽飯店
 翌日、千代田通りから今度は路地裏に入っていくと、最初の十字路角で「本格中華」「創業明治45年」の文字が踊る看板に出会す。あまり本格的な中華料理店でも冷やし中華はないだろうと思ったがそれは杞憂で、バッチリと街中華の店だった。暫く店内を観察すると、親父さんが引退して奥さんと息子が継ぎ、息子の嫁と妹が回している、そんな感じに見えた。いや誰にも何も訊いてないので適当な妄想です。でもそんな想像をしてしまうくらい皆さん連携が取れていて、やりとりも気持ちいい。

 後に調べると、炒飯と中華丼の類が人気の店だったらしい。「中華丼のアタマ」なんて注文が飛んでいた。

 冷やし中華はタレも麺も標準的な物。特徴としては、冷や中ではあまり見ない炒めモヤシに、太めで存在感がある短冊切りのチャーシュー、そしてスープが付くところ。猫舌の私には余計なんだけども。

 ランチ終わりギリギリの2時半に入ったので客の姿は疎らだったが、結構な繁盛店で並ぶこともあるらしい。店の活気を見るとそれも頷ける。

十字路の看板。なんか古くて大きな本格中華料理店の様な雰囲気。

ビルながら、ほっとする街中華な建て構え。

冷し中華850円。熱いスープは箸休め?

小隊司令部発

←HTMLのアーカイブ版はこちら。ブログのコメントは、いつでもいつのにでも大歓迎。また、BBS「連絡所」もあるのでご利用を。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムフィルタの質問です。当サイトのメインカラーは? 漢字1文字で入力して下さい。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sendanrin.asablo.jp/blog/2018/08/12/8939898/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。