年越しシチューとハーフクリップ2016年12月31日

 今年は最後の最後に痛恨のミスをした。いや「勿体ない」位の事か。会社の休日設定は私がするのだが、年末年始を進行物の予定から適当に決めてしまい、12/28〜1/5の期間を正月休みにした。後から随分と長いのだという事に気がついた。

 そこまではいい。社では自分だけが出席する得意先の会議がギリギリまで決まらず、それがよりによって12/28と1/5となった。なんだろう、何かの罰でも当たったのだろうか。尤も、長く休んだって呑んでるか寝てるかだが。今年の場合はプラモ作りもあるが。

 そんな折り、昨年一昨年に続いてRionさんから恒例の年越し蕎麦ポタのお誘いがあった。有り難い話である。メンバーは他に、5月のRC20復活走以来のせんがさん、キルハさん。

 ここ暫く週末は呑んだくれの寝てばかりで殆ど走っていないが、福生まで平地をポタする位は問題ないだろうと、その時は思った。

 ゆるポタなのでレオパードに通常服という昨年と同じ組み合わせ。夏頃に買ったバーエンドミラーと買ったばかりの靴が違う位だった。ところがこの靴がいけなかった。

 靴底が厚くて、ハーフクリップの奥まで爪先が入らない。つまりペダル軸上に母指球が届かないのだ。自転車乗りの方ならお分かりになると思うが、要するに爪先だけでペダリングするようなもので非常に疲れる。

 更に、集合場所まで走る途中息苦しい。鼻呼吸がうまくできない。…これは風邪引いてるんじゃないか?

 結局途中からRionさんに引いて貰いながら目的地「石川酒造・雑蔵」に。しかしやっと到着すると…なんと、開店早々予約売り切れ。

 そこから、当初は解散後にRionさんが寄る予定だった武蔵五日市「ラ・フーガス」に予約した上で伺う。

 年越し蕎麦の予定が、焼きたてパンとシチュー。旨いのではあるが、何とも諸々調子崩れの年末となった。

いつもの出発地点。

底の厚いコンバース。

雑蔵の猫に文句を言う。

「ラ・フーガス」のランチ。

ご主人のランドナー。カンチブレーキに亀甲フェンダーながら、カンパのコンポにLEDライトという現代装備。

相変わらずバラッバラの我々(w

レオパードの記録
走行時間3h14min04sec/走行距離67.66km/平均速度20.9km/h/総走行距離1,024.5km

小隊司令部発

←HTMLのアーカイブ版はこちら。ブログのコメントは、いつでもいつのにでも大歓迎。また、BBS「連絡所」もあるのでご利用を。