10月のみどりと10月の足2015年10月22日

 そろそろ80に近い母は、週2日は自ら運転して近くのスイミングスクールに通う位に元気であるが、耳が遠くなってきているので、付けっ放しのテレビはいつも大音量だ。そんな母だからテレビに向かって喋っていても、まあ歳だしとは思うが、正直あまり良い感じはしない。ところが最近、テレビもつけずに誰もいないのに母が喋ってることが多くなった。

 みどりである。確かに猫とテレビは違うが、ともあれ、母に限らず皆が話しかけ過ぎである。勿論相手は猫であるから大概は聞き流しているが、よく鳴く猫なので応えることも多い。これが可愛い。

 最近のみどりのお気に入りは60cm位のふさふさした玩具。立ち上がって食いついてくる。反応が面白いので、こちらも「用もないのに」遊んでしまう。ところが昨日、この玩具は元々は妹が買ったばかりのマフラーなのだと判明。紛らわしいんだよ。

 話変わって私の不全骨折であるが、そろそろ3週間くらいだがまだまだ完治は遠い。ある程度普通に歩き回れるのだが、後で痛くなる。先日ギプス付け替え時に、骨折部分に変な跡がついているなと思ったら、ヒビに沿って赤くなっていた。

 整形の治療を始めて1週程で腫れは殆ど引いたが、ギプスが踝に当たる様になった。これが結構患部より痛い。このギプスの素材が水硬化性ファイバーグラスだというのは先日書いたが、要するに補強繊維入りの硬質なプラスチックである。「調整」のためだけに1回通院するのは煩わしいので、自分で削ってしまった。後日整形で話したらなぜか笑われた。

 ギプスをしている方の足は当然靴が履けない。それでなくても大きい足を更に大きく包むサンダルなぞ探すのが面倒だったので、ちょっと高かったが専用のカバーを買って使っていた。引き摺る様に歩くので底が早く摩耗する。1週間ほど経ち底を補修したところ、まわりには「あぁ〜」という顔をされた。

 面倒なので骨の補修も出来る様になっておきたい。

止まった絵を撮るのが難しいので動画から。既に完全に玩具。


日々増えていくグッズ…。


ふと振り返ると、棚に乗って伸び上がり、漁っていた(笑)。


結構硬い。鋼鉄用ソウで切って、ヤスリで整形。

素材も柔らかいので摩耗も早い。

お馴染みのセメダインシューズドクターN。

小隊司令部発

←HTMLのアーカイブ版はこちら。ブログのコメントは、いつでもいつのにでも大歓迎。また、BBS「連絡所」もあるのでご利用を。